プロフィール

友友 in ドバイ

Author:友友 in ドバイ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

MicroAd

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Muscat

隣国オマーンの首都マスカットへ行ってきました

Muscat+090_convert_20120327120636.jpg

切り立った岩山と静かなオマーン湾に囲まれた桃源郷

Muscat+085_convert_20120327120803.jpg

滞在はシャングリラホテル
シャネルが大好きな人をシャネラーと呼ぶように(死語?)
シャングリラが大好きな人はシャングリラー
そして我が家はシャングリラー

Muscat+027_convert_20120327121141.jpg

大人のための洗練されたリゾートからファミリー向けリゾートと
3つのホテル棟がある広大なリゾート

Lazy River の浮輪遊覧でリラックスのT君

Muscat+053_convert_20120327121549.jpg

ビーチでお砂遊びのT君

Muscat+036_convert_20120327121644.jpg

こども用プールで遊ぶT君

Muscat+032_convert_20120327121848.jpg


T君が眠った夜はオットに留守番を任せてレディースナイト
切り立った岩山のライトアップが幻想的

Muscat+013_convert_20120327120906.jpg

アラビック音楽、夜空にテント、水煙草の香り
異国情緒を満喫しながら羽を伸ばしました

Muscat+014_convert_20120327120953.jpg

シャングリラが好きな理由のひとつが氣スパ
ヒマラヤ哲学の教え、氣の流れとバランスを整ることによって心身を健康にするというアジアの伝統的な癒しのスパ

チェックインして早速予約をお願いしようとしたら
3日間予約でいっぱいでした
キャンセル待ちをしましたが駄目でした(涙)

Muscat+024_convert_20120327121037.jpg

でも、家族で思いっきり遊んだことが最高のリフレッシュ
また滞在したい素敵なリゾートです

追記

ある日のディナーのシーフードナイト
T君が疲れてぐずったので寝かしつけてからレストランへ戻ると
蟹(キングクラブ)の大皿が野菜の飾りに変身(中央)

唖然とする私にシェフが May I help you?と言うので
「カニはどこ?」と聞くと
「今日は終わり」と言うではありませんか!
「ブッフェというのは少なくなったらクッキングしたてのフレッシュなものをリプレニッシュする食事形態でしょう?メインのカニがありません、というのは残念よ」と言ったら
「今すぐクッキングします」と言って下さったのですが
私の分だけ作って席まで持ってきてくれただけで
ブッフェにはあいかわらずお野菜の飾り・・・
チェックアウトの時に滞在の感想を求められたので
改善してもらいたいのでコメントさせてもらいました

Muscat+045_convert_20120327122045.jpg


スポンサーサイト

<< @ Burj Khakifa | ホーム | anise @ Intecontinental Hotel >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。